薔薇タワーというゲームを1からなんとか作ってみるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バラタワフォント32

バラタワフォント「れ~わ」51文字追加しました。

JIS第一水準漢字、2965文字作り終えました!

・・・ません!!!

まだ全体のバランスや、
最初の頃に作った漢字や、
ひらがなカタカナや
アルファベットの調整があるのだから・・・

一応全部のフォントは作り終えたのでホッとしております。

このバラタワフォントは、ゲーム制作ソフトのGameMaker:Studio用に作り始めたものです。
GMSではフォントを読み込むとソフト内で自動的にビットマップフォント化するのですが、
普通に、例えばMSゴシックなどを読み込むと味気ない文字になってしまいます。

そこで自前でフォントを作ってしまえと始めたのでした。

フォントのサイズは16×16ピクセルを基準にすることにしました。
ゲーム内で表示したいサイズが確かこのサイズだったから、だと思うのですが
もう数年前に決めた基準なので脳みそが覚えておりません。

最初の頃に作った「あ~か」行あたりの文字は、なるたけ基準サイズに
収めよう収めようとして文字の形がちょっと控えめになっています。

最後の方になるとサイズ縛りがいい加減になってきます。
というより横16ピクセルじゃ収まりきらない文字がどんどん出てくるのです。
そうなってくると、横21ピクセルとか、23ピクセルの文字を作ることになり、
16ピクセルに収める意味がなくなってしまったのです。

文字を書くとき、横線はリラックスして書くのでやや細目なのですが、
縦線は力が入りやすいので太くなるそうです。
それを大げさにして強調したのが明朝体だそうです。

明朝体は、まだ印刷が手彫りの木版印刷の頃、
楽に掘れるように、手書き文字の楷書体を
直線にしたり簡略化して出来上がったのだそうです。

楽に掘れる ちがう 彫れる

バラタワフォントも横線は1ピクセルですが、
縦線は2ピクセルになっています。
例外的に1ピクセルの縦線も少しあります。

この縦2ピクセルルールが横幅をどんどん肥えさせてしまったのでした。

かといって横幅を狭くするために1ピクセル線を多用すると、
手書き文字っぽさがなくなってしまうのです。
じつに悩ましいのです。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/10(火) 17:21:55|
  2. どのくらい作ったか。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<バラタワフォント1 修正 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://baratawa.blog6.fc2.com/tb.php/527-a2554b19

ムッシュ3D

Blog_Banner.gif

Amazon.co.jp アマゾン

人気blogランキング   ゲームブログランキング
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -










  -天気予報コム- -FC2-

これまでの記事

これまでのコメント

これまでのトラックバック

月ごとに見る

分けてみる

リンク

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。